::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::のらりくらりと
ヨーロッパ企画の『スプーンが曲がる前に』という上映イベントに行ってきました。

いま自分の中で演劇観たい欲が最高潮。うおー

今日24日の上映は『ボス・イン・ザ・スカイ』で、
トークゲストは維新派主宰の松本雄吉さん。

なめらかに動く4mの巨人をつくっただの、
30mで組んだ舞台をひょいひょい登る役者が多いだの、
水上舞台が琵琶湖の波で壊れたから水中で復帰作業しただの、
桁違いのスケールの話も聞けたし、

野外舞台に立つのは極端なモノがいいとか、
コミュニケーションと目線の関係とか、
舞台のスケールとテレビと絵巻物と観劇の視点とか、
芝居を観るために地方に行くという贅沢な旅の魅力とか、
演劇のめちゃ興味深い話も聞けました。

しかも上田さん本多くん山脇さんの演劇好きメンバーだったから(永野さんもいてほしかったけど)、
トークもかなりディープな感じになってました。

松本さんのやり方っていうか生き方を『のらりくらり』と上田さんが表現してて、なんかピンとくるものがあったので、
しばらく自分のテーマを『のらりくらり』にしようかと思います。


やー、それにしても維新派観てみたい!
今年の11月の大阪は何がなんでも観に行く!
一緒に行く人も見つかりそうだし。

そんで来年は瀬戸内芸術祭のイベントで犬島で!野外で!やるみたい。これも絶対行く!

そして知り合いになぜか元維新派の人がいるので、いろいろと掘り下げて話を聞いてみたい。
誰か一緒に梅田のカレー屋行かない?


『ボス~』の舞台の方も、京都で観たよりも格段に面白くなってた。
『黄色がよぎった』
『今の全部前フリ?!』
『あ、じゃあタンクトップと(フェスT)交換で』
とか思い出せばキリがない。


松本さんは漬け物の件を「すごくリアリティがあって、匂いまでしてきそうでいいね」と誉めはったのを聞いて、
自分の観劇の視点の味気なさに気づいた。もっと濃ゆく観ていきたいなー。
これまでの自分とか相手とか、リセットして感じていかにゃならん。


よし、秋は目当ての5本とも全部観に行くぞー!!
もちろん感受性のつまみは全開で。
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 heliotrope , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。