::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::70% lovely,30% funny
ちょうど今から1ヶ月前に、バイト先でアメリカ人高校生向けの狂言のワークショップを見学させてもらったときのメモが残っていて、記録として残したいので今更アップします。

- - - - - - - - - - - - - - - -
先週末はピンポイントで地元の宇治に、竹内電気やLOVELOVELOVEやtelephonesや、さらにはヨーロッパ企画までもが来て京都大作戦で楽しい2日間を過ごされたようですが、わたしは別のところで充実した週末を過ごしておりました。

久しぶりに訪れた知り合いの蕎麦屋の美味しさと古い建物を改装した店の設えに改めて感動したあと、今度見に行く狂言の舞台の予習として、狂言のワークショップを見学しに行きました。

狂言を見るのは去年学校の行事で見て以来。
今回はワークショップ形式で基本動作やうたを実践しながら学んだあと、それら全部が盛り込まれた演目『棒しばり』を観劇し、これまでとは違う視点から見ることができておもしろかったです。
 
 
アメリカ人向けの文化研修だったので、話の3割の英語は何言ってるかさっぱりわからなかったけど、笑い所だけは掴めたのと、先生の後に続いて実践するときに全く恥ずかしがらないアメリカ人の気質のおかげで、みんなと一緒に楽しめました。

狂言はオーディエンスを笑わすことも大事だけど、いかにアトラクトできる動きをするかということを忘れてはいけない、という言葉のあと、タイトルのフレーズを聞いてなるほどなーと思いました。
 
 
次は8月22日の夕方から、蹴上駅が最寄りの京都市国際交流会館にて、チェコ人による2ヶ国語狂言会が開催されるので、それを見に行きますよ!
- - - - - - - - - - - - - - - -

ということで、チェコ語狂言を見に行った話は少し前の記事でしたとおりです。先生がお話してくれはったところや習った動作に注目して見ることができました。

たった1時間半のワークショップでも、狂言を見る目は変わります。それは書道でもお茶でもお花でも一緒。という信念のもと、バイト先ではいろんな文化体験事業を手がけているわけです。

って、こんなん書いてたら受験休み中やのにお茶のお稽古行きたくなるわ(笑)
スポンサーサイト
京都  コメント(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 heliotrope , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。