::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::暇ならおいでよ!
音博の翌日は宝探しでした。

わたしの担当はマンガミュージアム。
休憩中に芝生に寝転がって手塚治虫作品集と七色いんこを読んだりしてました。なんて平和な休日!

宝探しはなかなかハードな遊びだったようですが、参加者のみなさんに楽しんでいただいていれば幸いです。

解けた瞬間のアハ体験と、他の参加者との交流は良い思い出になってるはず!


今日は京都のBAR探偵で
「ボードゲームと京都1000人宝探し’09同窓会」
というイベントをやってます!

宝探しの謎解きの途中で出会ったあの人にまた会えるかも。わいわい思い出話できるかも。
謎制作の裏話も聞けちゃったりして。

もちろん京都1000人の宝探しに参加されていない方も大歓迎。
ボードゲームで楽しく遊びましょう!

19時からです。
1800円+1order。

時間のある方はぜひー。


それからヨーロッパ企画がプロデュースしたイエティくん『コテンパン・ラリー』がとにかく面白かったので、こちらもぜひ!

http://www.europe-kikaku.com/yeti/
27日夜と28日夜に木屋町の立誠小学校でやってます。1500円くらい。

ヨーロッパメンバーのそれぞれのキャラがけっこう出てるコント集、というかけっこう寸劇っぽかったです。でも笑い所満載。スリル満点。
そんな100分でしたよ。



しかしわたしは今から磔磔。
わりとゆったりの磔磔。
久しぶりにひとりでみるのでドキドキ。
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)  △ page top


::おんぱく2009
20090926163940
20090926163937
あー音博めちゃくちゃ楽しかった!

SCRAPブースで宝探しキットを売るのがこの日の仕事。隣のみやこ音楽祭ブースを気にしつつも、『くるりとすっぽん!(鍋が囲める!)』って百回くらい言った気がする。

ほんとは宝探しの面白さを語ってお客さんを惹きつけたかったけどなあ。

謎を解いてその先にダイレクトに触れられる何かがある、
ってのはとびきりわくわくする新しいエンターテイメントだって言い切れるし、
かなりクォリティーの高い謎だから解いた瞬間のアハ体験的な気持ちよさは半端ないし、
一度は体験してほしい!

そんな感じです、宝探し。スクラップでよく企画してるので、次の機会にはぜひ。



音博は石川さゆりの迫力すごかったよ。しかもかわいかった。
演歌はエンターテイメントなんだな~と再認識。たしかに紅白のあれはエンターテイメントだもんな。

BO GUMBO3もゆったりFUNKYな感じで良かった!知ってる曲(つまりは名曲)ばかりでした。
キョンさんのピアノが相変わらず素敵でした。流れるような手!
そしてラキタくんが加瀬亮的な雰囲気でめちゃ可愛かった。

くるりが始まる頃にはもうすっかり夜で、暗くて、会場横を新幹線が通り過ぎてくのもきれいでした。
雰囲気良すぎて、くるりを一緒に楽しく見たってだけで、隣で見てた知り合いに惚れそうになった。あぶないあぶない。

でもだってこんなセトリですよ。

1.太陽のブルース
2.夜汽車
3.京都の大学生
4.さよならリグレット
5.夜汽車はいつも夢をのせて(石川さゆりと)
6.かごの中のジョニー
7.三日月
8.さよなら春の日
9.魂のゆくえ
en.
10.虹
11.宿はなし

どの曲もピアノが効いてて音博感満載。宿はなしは音博の鉄板曲になってるね。


来年も楽しみです。あのステージで歌うゆーきゃんが見たい(笑)
未分類  コメント(0)  △ page top


::のらりくらりと
ヨーロッパ企画の『スプーンが曲がる前に』という上映イベントに行ってきました。

いま自分の中で演劇観たい欲が最高潮。うおー

今日24日の上映は『ボス・イン・ザ・スカイ』で、
トークゲストは維新派主宰の松本雄吉さん。

なめらかに動く4mの巨人をつくっただの、
30mで組んだ舞台をひょいひょい登る役者が多いだの、
水上舞台が琵琶湖の波で壊れたから水中で復帰作業しただの、
桁違いのスケールの話も聞けたし、

野外舞台に立つのは極端なモノがいいとか、
コミュニケーションと目線の関係とか、
舞台のスケールとテレビと絵巻物と観劇の視点とか、
芝居を観るために地方に行くという贅沢な旅の魅力とか、
演劇のめちゃ興味深い話も聞けました。

しかも上田さん本多くん山脇さんの演劇好きメンバーだったから(永野さんもいてほしかったけど)、
トークもかなりディープな感じになってました。

松本さんのやり方っていうか生き方を『のらりくらり』と上田さんが表現してて、なんかピンとくるものがあったので、
しばらく自分のテーマを『のらりくらり』にしようかと思います。


やー、それにしても維新派観てみたい!
今年の11月の大阪は何がなんでも観に行く!
一緒に行く人も見つかりそうだし。

そんで来年は瀬戸内芸術祭のイベントで犬島で!野外で!やるみたい。これも絶対行く!

そして知り合いになぜか元維新派の人がいるので、いろいろと掘り下げて話を聞いてみたい。
誰か一緒に梅田のカレー屋行かない?


『ボス~』の舞台の方も、京都で観たよりも格段に面白くなってた。
『黄色がよぎった』
『今の全部前フリ?!』
『あ、じゃあタンクトップと(フェスT)交換で』
とか思い出せばキリがない。


松本さんは漬け物の件を「すごくリアリティがあって、匂いまでしてきそうでいいね」と誉めはったのを聞いて、
自分の観劇の視点の味気なさに気づいた。もっと濃ゆく観ていきたいなー。
これまでの自分とか相手とか、リセットして感じていかにゃならん。


よし、秋は目当ての5本とも全部観に行くぞー!!
もちろん感受性のつまみは全開で。
未分類  コメント(0)  △ page top


::夏が終わって、また始まる(BlogPet)
まさぴよの「夏が終わって、また始まる」のまねしてかいてみるね

めっちゃ日焼けしていた。
京都で、性に帰ってます。
福井での人達とはのんびりできる時間、いつものベッド、知らぬ間に言えず、地下鉄、集団生活はのんびりできる時間が変わって欲しいとはのんびりできる時間、なんとなく口惜しい感じ。
でもまあ最高のだけどお酒を作って欲しいと農的なんだなー♪
福井での夏休みはさすがに帰って生活はよ戻れー!3週間ぶりの時間、ジャンクフード、学校の畑、そしてたくましく変身してってっちゃあ当然な、自分の夏休みはのんびりできる時間、その他もろもろに早くも本にして生活します。
京都の畑、なんとなく口惜しい感じ♪
8月中旬から、ひとりの刺激的な夏が少ないむこうの秋”な、自分のも当然な、性に合ってってました!!

*このエントリは、ブログペットの「まめ」が書きました。
未分類  コメント(0)  △ page top


::夏が終わって、また始まる
20090909194654
20090909194652
20090909194649
めっちゃ日焼けして京都に帰ってきました。

8月中旬から福井で精華大学の人達と農的な芸術作品を作って生活していたら、
知らぬ間にこんがり、そしてたくましく変身してました。

この日焼けもいい思い出・・・とはさすがに言えず、美白化粧品塗りたくってます。はよ戻れー!


3週間ぶりの人混み、地下鉄、
ジャンクフード、
学校の畑、ボックス
お洒落、
自分のベッド、ひとりの時間、
まちあるき、
その他もろもろに早くも慣れてしまって、なんとなく口惜しい感じ。

縛られるものが少ないむこうの生活は
のんびりできる時間が多くて、
性に合っていた気がします。

いろんな人といろんな話をして、
ぼちぼち働いて、
ほぼ毎日少しだけどお酒を飲んで、
めちゃくちゃ楽しい日々でした。


でもまあ最高の楽しみが食事だった反動とか、
集団生活で価値観が変わって欲しいものが出てきたりで、

服にしても本にしても文房具にしても、
所有欲が次から次へと湧いてきていたので、

欲しいと思ったら我慢せずに
ともかく買いまくったのだから、
すぐ街に慣れたのも当然っちゃあ当然なんだろうけど。



福井での刺激的な夏が過ぎてって、
いつもの生活が京都で始まりました。

もういっかい別の夏休みを過ごすような、そんな気分。


京都の夏休みは読書・観劇・展覧会だらけにしてやりたいです。

気付いたらもうそろそろ“芸術の秋”なんだなー。
未分類  コメント(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2009 heliotrope , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。