::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::待って待って
20080827234930
というチェコ語が狂言の動作とあいまって可愛すぎて、鮮烈な印象が残ってます。

先週の金曜日、京都市国際交流会館へチェコのセミプロ劇団『狂言小劇団 なごみ狂言会チェコ』の二ヶ国語公演を見に行ってきました。

まずはほとんど誰もが知っている(一休さんでやってた?)『附子』を日本語で解説をされたあとチェコ語で。

次は二ヶ国語(京都に住みながら茂山七五三さんに弟子入りしている知り合いが日本語、他の役者はチェコ語で上演)で『口真似』を。

初めて聴いたチェコ語は…ロシア語っぽくて巻く音の多い言葉でした。
でも例の「待って」というチェコ語は「ポチカ」をもっと複雑にした感じ。

狂言はまだ見慣れてないからか、どうしても日本語の言い回しばっかりに注目してしまうから、なかなかチェコの役者さんの動作に気を配って見れませんでした。夏にワークショップで動き方は習ったんだけど…。

ほんで、(国語のテキストの論文によると)日本人ってのはだいたい外国人が日本語しゃべることを嬉しく思ってしまうようで、『ちょっっっと待て ちょっと待て』『あおぐぞ あおぐぞ』『こりゃ迷惑』という具合にときどき日本語を差し込まれると可愛くてしゃーない。

もう少し慣れたらチェコ語狂言でもっと笑ってもっと楽しめるでしょう。「これ見たことあるわ!」って噺を増やしていきたいな。

はじめの挨拶で、知り合いのオンジェイ氏が『伝統の良さと狂言の普遍性』を強調してはりました。

ヨーロッパには演じ方の記録も演じ手の口承もなく、ただシェイクスピアの台本があるだけだが、日本には明確で詳細な演じ方を師匠に直接伝承される。

そして狂言は『短い・おもろい・話が多い』洗練された劇で世界文化遺産でもあるので、世界中の誰もが親しんで鑑賞し演じることができる。

実際にヨーロッパではかなりウケるらしい。特に『附子』のオチは日本人的発想で、向こうでは思いもよらない結末にビックリしてしまうとか。

狂言がもっと広く楽しまれるようになればいいな。約200もの話が残ってるみたいだし、同じのを何回見ても面白いから飽きないしね。

東京公演では七五三さん、宗彦さん・逸平さん兄弟などなどと一緒にやらはったようで。
なごみ狂言会チェコの次のステップに繋げて頑張ってほしいな。
スポンサーサイト
演劇/俳優  コメント(2)  △ page top


::紙に刻印された何らかの記憶はすべて古本となる
20080816120639
20080816120637


下鴨納涼古本まつり、初日に行ってきました!森見登美彦氏の著作を読んで以来憧れていた糺の森にてついに記念すべき古本市デビューを飾ったのでした。

腹ごしらえに登美彦氏オススメのカフェ・コレクションでたらこスパを食しコーヒーを飲みながら勉強やら読書やら、贅沢な時間を過ごしてたら、贅沢すぎて一瞬古本市がめんどうになったがなんとか糺の森にたどり着く。

暑さの中で大量の古本とそのむせかえる匂いと格闘。


日に焼けた威厳のある古くて高い本は立ち読みして唸るだけ。
陶芸の本を1冊くらい買おかと思ったけど『陶芸入門』『初心者のための陶芸』『やさしい陶芸教室』などなどありすぎてわからなくなり、断念。美術館や展覧会の図録も然り。定価がわからないので妥当な値段かどうかもわからず…。

それから、村上龍のまだ読んでない小説はいろんなとこで見かけたものの、3冊200円とか7冊500円コーナーにあって他を選べなかったので断念。『愛と幻想のファシズム』は一刻も早く読みたいのに!

数年前のJAPANなどの音楽雑誌や鉄道関連、マッチが表紙の明星(漢字表記が余計年代を感じさせる)などなど、雑誌コーナーもおもしろかった。

結局さして古くはない一昔前の本を800円分買ったのでした。


◆神野直彦『地域再生の経済学』
 →将来学びたい公共政策学に通じ、地域再生に成功したヨーロッパの事例が載っていたので買い。


◆中野民夫『ワークショップ』
 →ちょっとゲージュツの世界に足を踏み入れると幾度となく耳にする単語"ワークショップ"って結局のところ一体なに?良さげな横文字を良さげな雰囲気で使ってるんじゃないの?と胡散臭いイメージがあったので…。


◆手塚治虫『ぼくのマンガ人生』
 →読んだら手塚マンガ全制覇したくなりました。ヨロキカの永野さんが話題にしてませんでしたっけ…?


◆梅原猛『日常の思想』
 →"スーパー歌舞伎""スーパー狂言"に続いて"スーパー能"をやるらしいですね。梅原さんは思想も行動も興味深い人物なので。


◆幸田文『おとうと』
 →いま全集を読んでいるんだけど、この人の生き方考え方は手本になる。


◆村上龍『龍言飛語』
 →持っていないエッセイ集で、初版だったので。(どれだけ増刷されてるかは知らない)


◆編集長 村上龍『JMM VOL.8 教育における経済合理性』
 →JMMの単行本で唯一私にも理解できそうでずっと欲しかった本に100円均一コーナーで巡り会えた。初版。問題の現状や語句の解説が丁寧だったので経済関連の本も欲しくなった。


なかなか掘り出し物に巡り会えたかと。

別にこの古本市でなくてもいつか出会えるかもしれないけど、っていう本でも今手に取ったことに意味があったと将来気づくかもしれないし…!

来年は迷わないように本の本当の価値がわかる人になっていたいなあ。
京都  コメント(4)  △ page top


::まさ勉強しなかった(BlogPet)
まさぴよと、後続したかったの♪
でも、まさぴよは大学生も意味しなかった。
だけど、まさぴよは勉強しなかった?
それできょうまめがまさぴよと快速電車即決されたみたい…
だけど、きょうまめは、めんみたいな回復したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「まめ」が書きました。
Blog Pet  コメント(0)  △ page top


::鉄子2
20080813082051
20080813082049
20080813082047
8,9月号の『なないろ九州』で「鉄道遺産を訪ねて旅に出よう」特集をしている。

めちゃくちゃいい!行きたい!

けんちゃんの地元?日記によく出てくる門司港にある九州鉄道記念館と、トンネルなどの"鉄道遺産"や日本三大車窓の絶景が見られる熊本-鹿児島間の観光列車を楽しみながらのんびり九州旅行・・・してみたい!

SLには梅小路公園で慣れ親しんでいるけど、レトロな列車にはまだ乗ったことがなくて、憧れです。



京都で好きな電車はやっぱり嵐電こと京福電鉄。1両編成の路面電車で道路の真ん中にある島のように駅(もちろん改札はない)や、のんびりしたポーって警笛がかわいいんです。

だから、地下鉄の太秦天神川開通に合わせた嵐電天神川が周辺の再開発と共に綺麗に整備された駅になるのは仕方ないとはわかってても、見るとやだなあって思ってしまいます。
あと、おたべのラッピングも派手派手で好きでない。マスコットキャラのゆうこちゃん怖い。


嵐電はもっと統一した形で観光需要面にも力をそそげないのかなあ。おたべは京都ぽくて良いとされるのでしょうか。
高知のアンパンマンラッピング電車や京阪のトーマスラッピング電車は好きなんやけど…。

まあ京都の電車利用者が増えて、どの会社も赤字にならなければ何だっていいけど。
京都  コメント(0)  △ page top


::鉄子
20080813082035
20080813082033
20080813082030
元々くるりの岸田さんに影響されていたところ、高校受験後に塾の同級生に京浜の模型をもらったことがきっかけで、今やエセ鉄子のわたしです。


先日出かけた帰りに乗ったJR奈良線で電灯とクーラーが切れる車両不具合が起こり、窓を開けるようアナウンスがありました。1両に8枚のみだけど窓が開くことに興奮!夕方だったのでまだ明るく、窓からの風も涼しくて快適でした。

しかし次の駅で車両点検をすると回復不能らしく、乗客を降ろして後続の電車と連結することに。わたしの乗ってた白で丸顔の快速電車と後続の緑で四角い普通電車との、違う車種での珍しい連結が見れました!

周りの鉄ちゃんぽい方々に紛れてわたしもシャッター押しまくってたら、後続車両はいつのまにか手動で扉を閉められていて、危うく乗り損ねるところを駅員に怒りをぶちまけてたおっちゃんに車掌室から車内に入れてもらい、連結して全8両となった電車にギリギリで乗り込んだのでした。

最大6両しか走らない路線だったから車掌さんも戸惑っただろうなあ。連結車掌は複線の駅に待機させられ、わたしたちは久々に大中でラーメン食べて帰りました。

ほとんどの乗客には迷惑な状況でしたが、わたしは初めてづくしで楽しかった。
京都  コメント(0)  △ page top


::西院ミュージックフェスティバル2008
20080807095244
20080807095241
今年の西院フェスはあっという間でした。
全然見てないから。受験生という縛りがわたしにはけっこうキツい。他にもたくさん見たい人いたのにな。

それでも2日とも青蛙さんと回ってすごく楽しかった!

以下その断片。
 
 
1日目

【遊牧の風の唄】@モスバーガー西院店前

モンゴル民謡のデュオで、馬琴頭を演奏したはりました。小学校で『スーホーの白い馬』を読んだあと一度聴いたけど、改めて聴くと2弦しかないのに深い音がして興味深い楽器でした。
 
 
【けんちゃん&すぅさん】@旭湯

去年西院フェスで出会って以来、1年ぶり。
人なつこいおもしろトーク、けんちゃんの深くて優しい歌声とハーモニカ、すぅさんのめちゃくちゃ上手いギター、全部が懐かしくて切なくて、心地良くて楽しかった!

旭湯でゴザに座って聴く感じも「昼寝のBGMに最高」と言われるけんちゃんの歌に合ってて良かった。
 
 
【SOULsTone.co】@Le Monument bleu

ソウルミュージックの王道やってますって感じのバンドでした。終始ノリノリで楽しかった。
ホーン隊の女子3人がカッコよかった!近くで聴いたので大迫力でした。
 
 
 
2日目@春日大社

【ゆーきゃん】
1.明けない夜
2.サイダー
3.Y.S.S.O.
4.post coda
5.情熱の薔薇(ブルーハーツ)

数ヶ月ぶりのゆーきゃんの生の声はとても甘く、少し力強く、うつくしく真昼の神社に響いてました。post codaの『家路を辿る人』から最後までは異様な透明さでした。

僕がお昼からライブやるのは珍しいんですが、という言葉にはやっぱりねとはにかみ、野外が苦手で去年は神社出演を断ったという話にはゆーきゃんらしいねと苦笑し、でもそれをちょっと後悔してます、楽しいです、という言葉には来年の期待で笑みがこぼれ、と終始笑顔でいられた幸せな時間でした。

お祭だからみんなの知ってる歌をやりますと情熱の薔薇をアカペラで歌い始めたときはぞくぞくした。以前カフェライブでも歌っていて、なんてイイ歌詞なんだろうと感激したことを一瞬でキュピーンと思い出し、すぐに歌に恋に落ちた。名曲。
 
 
【GATZ】
休憩しに会場出てるあいだに関ジャニ∞に提供した『Great Escape~大脱走~』を聞き逃し、TWINSのお兄さんたちと歌った最後の1曲だけフルで聴きました。GATZさんがソウルフルな声で歌う大脱走はかなりカッコよかったやろなー。エイトの歌ではちょっと細い。
 
 
【ザッハトルテ】
夜が近づいてきた神社ステージに映えるヨーロッピアンなインスト3人組。聴かせて魅せて、文句なしに誰でも楽しませるライブの運び方がやっぱり上手いな~。

今度はカフェライブに行きたい。さらさのご飯食べたい。
 
 
【タテタカコ】
澄んで凛としたこの声を生で聴けるなんて!息をのむほどハッとする力強さ。ほとんど初めて聴く曲の歌詞にこころがぐるぐるかき乱されました。
2,3曲しか聴けなくて残念。
 
 
以上、わたしの西院フェス08でした。

この裏でわたしには運命の再会や運命の出会いがあり、いろんなご縁をまた強く結び直して再出発する転機になりました。やっぱり音楽と人のつながりって良いもんやわあ。

それにしても制服と高校生ってすごい武器やなと100回目くらいの実感(笑)
音楽  コメント(0)  △ page top


::非やわらかな会話と日々
20080802094441
年をとった人がえらいのは、ご飯を食べた数とニュースになるような大きな出来事を生きて体験した数が多いことや、というのは蝶ネクタイがトレードマークの政経の先生の言葉ですが、年とってるいま若く見られても身体がしんどいのんは年相応やねんと今日出会った方が言っていて、年を重ねるっていろいろやわと感じました。
 
 
今日の仕事は午前に1軒だけ。某さんと2人だったので助手席から運転姿を堪能しながらお喋り。そうじした町家は久々に人が入るってことでしたが、もったいない。いい家なんやからもっと使われてほしいなー。高いけど。

で、お昼はカレーが食べたい!と思ったけどカフェマーブルは水曜定休なので、前から気になってたお隣のシモンズに入りましたが、おばちゃんもお客さんも気さくで、楽しくご飯が食べられて嬉しかったです。

甘口派のわたしにもやさしいマイルドな京野菜カレーが美味でした。次は家庭の味がするという定食メニューを食べよう、大学生になった暁には働かせてもらおう、今はただ勉強しよう、とか決意しておかきもらって帰りました。

いやー、しかし普段わたしがどれほど意味ないことしゃべってるかって思い知らされました。固定観念とかお世話とかオチのない話とか、そんなんばっかり。しっかり生きたいなー。
 
 
その後INOBUNであいかわらず陶器にメロメロになり、いとこに誕生日プレゼントを買って、自分にちりめんの風呂敷を買いました。
ずっと欲しかったの、風呂敷。お手頃価格で可愛かったし(写真の柄)即決でした。先週shin-biで“にじゆら”の手ぬぐい買ったばっかだけど。
 
 
なにか包まなアカン状況が早くきてほしいと願いながら、どこ行くにも風呂敷と手ぬぐいを持ってる毎日です。
日常/つぶやき  コメント(2)  △ page top


| home |
Copyright © 2008 heliotrope , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。